ABOUT THE MOVIE

INTRODUCTION

自由を渇望する少年たちの痛切な運命。その魂の叫びに
胸を衝かれずにいられない極限の孤島サバイバル&脱出サスペンス

北欧ノルウェーから届いた『孤島の王』は、あらゆる観客が我が目を疑い、言葉を失うほどの衝撃性を秘めた実録ドラマである。同国の首都オスロの南方に浮かぶバストイ島には、かつて11〜18歳の少年向けの矯正施設が存在し、1915年に軍隊が鎮圧に出動するほどの壮大な反乱事件が勃発した。本作は大半のノルウェー国民さえ知らなかった歴史の闇に光をあて、圧倒的なリアリティと詩情に満ちた映像美の中に想像を絶する重い真実をあぶり出す。このショッキングな題材に正攻法で挑んだマリウス・ホルスト監督は、少年たちの友情と葛藤、自由への渇望を、繊細かつみずみずしい心理描写で表現。さらに“この世の果て”と言うべき過酷な極限状況を生き抜く彼らの魂の叫びを観る者の胸に響かせ、比類なきカタルシスが待ち受けるクライマックスへと誘っていく。
院長役の名優ステラン・スカルスガルド(『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『ドラゴン・タトゥーの女』) 以外はほぼ無名のスタッフ&キャストによる作品でありながら、ノルウェー国内外で数多くの映画賞に輝いた事実も、本作の並々ならぬクオリティの高さを裏づけている。かくして映画史上に特筆すべき〈孤島サバイバル〉と〈監獄脱出サスペンス〉を描ききった傑作が、ここに誕生した。

STORY

言葉を失うほどの衝撃を呼び起こす 北欧に実在した〈監獄島〉の真実とは?

 

1915年。ノルウェーのバストイ島に、エーリングという非行少年が送還されてくる。そこで彼が目の当たりにしたのは、外界とは隔絶した矯正施設のあまりにも理不尽な現実だった。イジメにも似た重労働の懲罰、教育者による性的虐待。 尊大なる王のごとく君臨する院長や冷酷な寮長にことあるごとに反発するエーリングの孤独な抵抗は、優等生オーラヴなど過剰な抑圧にさらされた少年たちの心を突き動かし、生死を賭した反乱を引き起こしていく……。

CAST

STELLAN SKARSGARD

ステラン・スカルスガルド(院長)

 

1951年スウェーデン生まれ。1968年にTVシリーズの主演に抜擢され俳優デビュー。72年からはストックホルム王立劇場の一員として数々の舞台に出演する。82年には「Den enfaldige mördaren」(未)でベルリン国際映画祭主演男優賞に輝き、一躍注目の存在に。ラース・フォン・トリアー監督の『奇跡の海』(96) でその名を世界中へ知らしめることとなった。以来、トリアー監督とは『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(00)『ドッグヴィル』(03)『メランコリア』(11) でタッグを組む。その他の代表作は『天使と悪魔』(09)、『マンマ・ミーア!』(08)、『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』(06)、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(97)、『レッド・オクトーバーを追え!』(90)。デヴィット・フィンチャーの最新作『ドラゴン・タトゥーの女』(11) にも出演している。

KRISTOFFER JONER

クリストッフェル・ヨーネル(ブローテン寮長)

1951年スウェーデン生まれ。1968年にTVシリーズの主演に抜擢され俳優デビュー。72年からはストックホルム王立劇場の一員として数々の舞台に出演する。82年には「Den enfaldige mördaren」(未)でベルリン国際映画祭主演男優賞に輝き、一躍注目の存在に。ラース・フォン・トリアー監督の『奇跡の海』(96) でその名を世界中へ知らしめることとなった。以来、トリアー監督とは『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(00)『ドッグヴィル』(03)『メランコリア』(11) でタッグを組む。その他の代表作は『天使と悪魔』(09)、『マンマ・ミーア!』(08)、『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』(06)、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(97)、『レッド・オクトーバーを追え!』(90)。デヴィット・フィンチャーの最新作『ドラゴン・タトゥーの女』(11) にも出演している。

BENJAMIN HELSTAD

ベンヤミン・ヘールスター(エーリング/C-19)

 

1951年スウェーデン生まれ。1968年にTVシリーズの主演に抜擢され俳優デビュー。72年からはストックホルム王立劇場の一員として数々の舞台に出演する。82年には「Den enfaldige mördaren」(未)でベルリン国際映画祭主演男優賞に輝き、一躍注目の存在に。ラース・フォン・トリアー監督の『奇跡の海』(96) でその名を世界中へ知らしめることとなった。以来、トリアー監督とは『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(00)『ドッグヴィル』(03)『メランコリア』(11) でタッグを組む。その他の代表作は『天使と悪魔』(09)、『マンマ・ミーア!』(08)、『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』(06)、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(97)、『レッド・オクトーバーを追え!』(90)。デヴィット・フィンチャーの最新作『ドラゴン・タトゥーの女』(11) にも出演している。

TROND NILSSEN

´トロン・ニルセン(オーラヴ/C-1)

1990年生まれ。1年以上続いたオーディションでオーラヴ役に選ばれ俳優デビュー。
本作でノルウェーアマンダ賞助演男優賞を受賞した。

STAFF

DIRECTOR:MARIUS HOLST

監督:マリウス・ホルスト

1965年生まれ。1991年ロンドン国際映画学校卒業。本作を含め長編4作と多数の短編を監督し、プロデューサーとしても活動。
現在ノルウェーで最も活躍している監督の一人。初の長編「Ti kniver i hjertet」(95・未)ではベルリン国際映画祭にてヨーロッパの最優秀映画に与えられるブルー・エンジェル賞を受賞し、金熊賞にもノミネートされた。他の長編は「Blodsbånd」(07・未)、「Øyenstikker」(01・未)。

14年前、バストイ島の矯正施設で少年時代を過ごしたという男性との出会いが本作のきっかけとなっています。これはノルウェー本国でもあまり知られていない歴史の一部なのですが、バストイ島で何があったか、そこで過ごした少年たちの運命を伝えなければならないという思いに私は長い間取りつかれていました。実話をもとにしたこの作品は、それほど遠い昔の話ではありません。『孤島の王』は今の時代もなお世界のいたる場所で起こっているが、大半の人々は知る由もない、不条理な現実を描いた作品なのです。
Director's Comment